FC2ブログ

2019年編~空白の4年を振り返る~

ようやく2019年。空白の4年がだいぶ埋まってきました!

まず、2019年は、仕事では、大きなプロジェクトの移行が奇跡的に無事終わった年でした。
2月に最後の移行を終え、私が入社以来30年間守ってきた旧システムはその役目を終えました。

私は新システム側の開発担当ではなかったので、
どこかに異動になるんだろうな、と発令を待っていました。
3月頭に、旧システムでの最後の月次処理を終えてすぐに、特別出張という形で、
親会社のシステム品質管理部門へのサポート担当としての発令が出ました。
高層階から日比谷公園を見下ろす景色が美しい勤務地。
(2000年前後に5年間ほどこの拠点に勤務していたので懐かしい感じ。)

ただ、それまではIT土方だったのが、完全な事務仕事になり、
だんだん、目や腰への負担が増えていき、もう1つの持病が生まれていったのは誤算だったかも。
より一層不健康になっていったのがこの頃からです。

エンタメ履歴は、関ジャニ∞と、なにわ男子(+Aぇ)の両方を記載します。

僕らAぇ!groupって言いますねん 東京グローブ座
 2019.4.13(土) 初日
 2019.4.21(土) 千穐楽
 を観劇。横山さんがプロデュースした彼らのお披露目公演をしっかり見届けることができた。
 千穐楽には、サプライズで、横山さんも登場。
 
ジャニーズ Island Festival
 2019.5.26(日) さいたまスーパーアリーナ
 やっと、なにわ男子が関東にやってくる!ということで、この日だけ、1名義何とか当選し、
 同じ横山担&(当時)藤原担の若い友人と一緒に参戦。
 しかし、席が遠かったことと、結局東京のJr.がメインなのね、という悔しさが募り、
 必ず、なにわ男子を売れさせてみせる!という意を強くしたのだった。

ミュージカル「リューン~風の魔法と滅びの剣~」(全7公演)
 2019.6.1(土) ~.6.2(日) 相模女子大グリーンホール (プレビュー公演)2公演
 2019.6.5(水)~.6.9(日) 日本青年館ホール 3公演
 2019.6.29(土)昼夜 刈谷市総合文化センター アイリス大ホール 2公演
 計7公演観劇。私の好きな音楽劇。
 なにわ男子の中で特に好きな二人(丈橋)が出演するという奇跡の舞台の再演。
 キュービットクラブに入っていたおかげで、複数公演入れて本当に良かった。
 東京の最終日は昼公演のみで、終わり次第、
 次の横山さんの舞台初日に向かうというハードスケジュールだった(笑)

北斎漫畫 
 2019.6.9(日) 東京グローブ座 (初日)
 2019.7.6(土) 東京グローブ座
 2019.7.7(日) 東京グローブ座 (千穐楽)
何ということか、この私が3公演で満足するなんて。
リューンで有給休暇をかなり使ったので、平日公演は無理だったんですよね。
(有給休暇は、余った分を翌年に繰り越せるのだが、
だんだん体力がなくなっていた私は、年々有給休暇日数が減っていたピンチだったのだ。)

少年たち 青春の光に… 松竹座
 2019.8.13(火)昼夜
 奇跡的に当たった1公演。交換で同日のマチソワを観劇。
 しかも日帰りというハードさ。
 初めて、エイトの故郷ともいえる、松竹座に入ることができて、
 これはそういう意味でも必要な遠征だったと、自分に言い聞かせた。

十五祭 2019.9.3(火) 東京ドーム(オーラス)
 平日中心の日程で、色々悩んだ末、オーラスのみ参加した。
 楽しかった。色んな噂が流れていたけれど、
 「to be continued」の文字で安心し、6人体制は続くとまだ信じていた自分。
 ジャニーさんが亡くなり、お別れ会が終わると、
 噂はやはり本当で、メンバー1人が脱退&退所。
 2018年とは違い「やはりそうか」というだけの感想。
 (この時の心境もまた別枠で振り返ろうと思う。)
 メンバー5人のメンタルだけが心配だった。

決算!忠臣蔵
 2019.10.27(日) ワールドプレミア(完成披露舞台挨拶)
    TOHOシネマズ六本木ヒルズ (友人が当ててくれた)
 2019.11.22(金) 公開記念舞台挨拶 
  朝夜 丸の内ピカデリー (友人が当ててくれた)
 ワールドプレミアの席がとんでもなく前方で、
 美しい横山さんを久々に間近で観れた。

なにわ男子 First Live Tour 2019 ~なにわと一緒に#アオハルしよ?~
 2019.11.14(木) パシフィコ横浜 国立大ホール (初日)
 2019.12.8(日) 仙台サンプラザホール(着ブロ)
 キラキラと本当に眩しい7人だった。未来しかない7人。
 色んな意味で、私を癒すには十分な彼らだった。

横山さんの演技仕事としては、上述の
・舞台「北斎漫畫」
・映画「決算!忠臣蔵」 の他に、
・映画「少年たち」 への出演もあった。
少年たちは、実演付き、という面白い上映方法があり、
出演者だけでなく、その属するグループとして、スノ・スト・なにわ・トラジャ、等、
多くのジュニアがパフォーマンスを見せてくれるのである。
これもかなりの回数観たなぁ。
他はおそらくJr.のプロデュースでも忙しかったと思われる。
安定してメディアへの露出があり、
また、11月には、2020年1月クールのミハン続編出演が発表され、
小規模な雑誌祭りもあり、充実していた。

他には、龍太くん出演の「オリエント急行殺人事件」を観劇したが、
サンシャイン劇場はあまり好きな劇場ではなかったな。。
内容はとても面白く、こんなに有名な内容なのに、素敵な演出で、観て良かった。

他にも、クロニクルの内容が一新され、メンバー5人の良さが伝わる企画が始まったり、
なにわ男子は多くのチャンスを貰い、色々なことが変化していった年だった。

私は、3月の発令による特別出張が8月末で終わり、
9月~12月は、またIT土方に戻り、新システムのことを少しづつ覚えて、
微力ながら戦力になり始めたところだったが、
新システムの開発に莫大なコストをかけた分、保守部隊はどんどん縮小され、
私は12月から、自社の品質管理部門に異動になり、今度は本社勤務となったのである。
仕事面では激動の年だった。

2020年以降のこと、エイトのメンバー脱退のこと、
自分自身の(健康ごとや実家ごとなど)ちょっとネガティブな想いなどは、
また次からのエントリーで記していこうと思う。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

2018年編~空白の4年を振り返る~

2018年は、横山さんの仕事が、1段階アップして、
ますます活躍するようになった飛躍の年だったと認識している。
私にとっては、新しい出会いもあり、とても意味のある年だった。

…と書いていて、ものすごく大きな出来事を一瞬忘れていた自分に気づく。
このことはまた別エントリーで書こうと思う。
とにかく、2018年4月、彼は関ジャニ∞を脱退した。
6人体制でのスタートの年となった。とだけ記しておく。

関ジャニ∞に関する私のエンタメ履歴は以下の通り。

●2018.3.2(金)(夜) If or・・・Ⅹ 東京グローブ座(キャン待ち)

●2018.9.5(水) 東宝(株)試写室
映画『累 -かさね-』松浦だるま先生とのファンミーティング試写会
(監督、原作者さん登壇)

関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST
3公演参戦。1公演は確か制作解放席で、残りは、1階スタンドと2階スタンド。
でも、このライブはジャムコンよりも楽しかったと記憶している。
皆ただただ必死で、メンバーもファンも気持ちが1つになっていたように思う。

●2018.10.4(木) NHKホール 第2回 日・ASEAN音楽祭
秋篠宮両殿下が出席されたのが印象に残っている。
実はこの年の夏、オーチャードホールでの小山実稚恵さんのピアノリサイタルに行き、
皇后陛下も出席されたという出来事があり、
初めて、皇族の方と2回も同じ空間で、同じ芸術を鑑賞した記念の年でもあったのである。

●2018.11.20(火) 「関ジャニ∞のジャニ勉」番協 カンテレ
この年は、横山さんが「開局60周年!カンテレ8ppy大感謝祭」のメインMCに選ばれ、
参加できれば、と、その日程を含む1週間の有給休暇を取っていた。
しかし、私はこの年の5月に55歳になり、翌月から収入が大きくダウンしており、
そのことを意識しないわけにはいかず、
コスト(交通費)と得るもの(どれくらい横山さんを観れるのだろうか)を考えて、
最終的に観覧の申込はしなかった。
なのに!予想もしなかった番協に当たってしまったのだ。
どうもこの年あたりから、アラ還枠ができたようで、
整理番号最終の方5名ぐらいは、全員50代前後だった。
東京でも、エイトの番組を観覧する機会はあったので、
それとさほど変わるわけではなかったが、
カンテレに行き、感謝祭のポスターなどを写メることができたのもいい思い出となった。

●2018.12.8(土) 全日本NHKなわとびかっとび王選手権 ヒナちゃんMC
@国立オリンピック記念青少年総合センター
NHKのHPから申し込んだらすんなり当たってしまい、
楽しく観覧させて頂いた。

その他にも、ジャニーズ関連だと、
●2018.9.23(日祝) オセロー 新橋演舞場 (神ちゃん出演)
●2018.11.21(水) 犬神家の一族 新橋演舞場(文ちゃん出演)
●2018.11.22(木) 歌喜劇/市場三郎~グアムの恋 東京グローブ座(濱ちゃん出演)

などの演劇を観劇し、
10月には、桐山漣トークショー(清泉女子大学)に行くなど、
まだ精力的にエンタメを楽しんでいたと思う。
6人体制になり、情緒不安定になるのが嫌で、積極的に楽しみを見つけて、
忙しくしていたのかもしれない。

一方、横山さんは、演劇の仕事が安定してオファーされるようになっていた。
●9月公開の映画「累-かさね-」
●7月クールの連ドラ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」

(翌年以降にも続く)

また一方で、この年の秋、大倉さんと横山さんは、
関西ジャニーズJr.のプロデュースを始めるようになった。
なにわ男子」が結成されたと知り、以前から関西贔屓だった私は、
どんなメンバーがいるのかを一応確認した程度だったが、
本格的に興味を持ったのは、横倉がプロデュースしたと知ってから。
更に言うと、ドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」で取り上げられてからとなる。
しかし、この年の冬には既にジュニア情報局に入会していた。
あけおめコンに申し込んだが当然外れ、やがて関東に来る日まで待とう、
と思うようになった、55歳の冬だった。

最後に仕事は、大きなプロジェクトの移行が始まり、
夏以降は、月に2回は休日出勤、時差出勤で夜間立会と、
移行スケジュールに縛られた生活となったのである。
更に健康面では、この年の夏頃から、右頬に違和感を覚え、
やがて痛みと違和感がずっと続く持病となってしまった。
高脂血症で、コレステロールを低下させる薬を飲まなければいけなくなったのも、
2018年だったような。2017年かな?
かなりの高血圧でもあったが、こちらはなぜか経過観察で、2020年に至るのである。

2019年に続きます。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

2017年編~空白の4年を振り返る~

さて、2017年。
私にとっては、ジレッタとの出会いがあった、大きい意味を持つ年だったと思う。

エンタメ履歴はこんな感じ。

●2017.1.28(土) 
「破門 ふたりのヤクビョーガミ」初日舞台挨拶 ⇒ オット怪我で入院のためキャンセル

●2017.2.2(木) 
「破門 ふたりのヤクビョーガミ」大ヒット御礼舞台挨拶

●2017.3.9(木)(夜)
If or・・・Ⅸ 東京グローブ座(当日券)

●妄想歌謡劇 上を下へのジレッタ
 2017.5.7(日)(初日)シアターコクーン から
 2017.6.19(月)(千秋楽)森ノ宮ピロティホール まで、計17公演観劇。

 当日券だったり、譲ってもらったり、よくもまあこんなに観劇したもんだ。
 大阪遠征も、千秋楽とその前日だけでなく、途中で1回日帰りしてみたり。

 宮川さんの音楽と、倉持さんの脚本・演出の素晴らしさ。
 そして魅力的なキャストの皆さん。
 主演の横山さんは、ボイトレの結果、少しだけ上手くなった歌はともかく、
 門前さんになりきった演技として、最高だったと思っている。

 場面場面を切り取った雑誌等の写真からは、
 舞台の隅に佇んでいる姿も、眼光から指先まで門前さんで、
 横山さんの演技への想いを感じられたなぁ。
 すっかり虜になり、千穐楽後は、長い間ロスになったのである。

●2017.7.27(木) 
スパイダーマン・ホームカミング日本語吹替特別上映会
ヤスくんの作った曲が吹替版の主題歌になるという誇らしい出来事。

●関ジャニ'sエイターテインメント ジャム
東京4daysのうち、3日間参戦。
ジャムコンは、座席に恵まれず、ステージ真横(かなり下段なので余計に見えなかった)や、
アリーナの端で、ステージを遮る音響のヤツ(名前何だっけ?)で全く自担が見えなかったり。
ストレスが多くて、せっかくのいい楽曲を思いきり楽しめなかった記憶。
「入れただけで嬉しい」って思えないのは贅沢だったのかな・・・。

ジレッタの後、共演者の方々や、倉持さん作品の演劇を沢山観るようになった。
もう一度門前さんに会いたい気持ちで、
色々なエンタメに触れることで心の隙間を埋めていたんだと思う。
※ただ、この年のエンタメ費用は、我が家の財政を逼迫させる原因に。

仕事は、大きなプロジェクトがいよいよ本格化してきて、
私もそこそこ健康だった最後の頃かな。。
新しい出会いがあった2018年編に続きます。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

2016年後半編~空白の4年を振り返る~

もはや読む人もいないと思いますが、超お久しぶりです。

1個前の記事は、いつぞやの露出情報まとめ。
何回か露出情報まとめ記事を作成して、広告を消したりしていたけど、
まともな(ってほどではないが)記事は、2個前の、2016/07/19作成、
本日第2話前に取り急ぎ、「ON」第1回ロケ地まとめ」なので、
そこから、想像もしなかったこの、2020年春までを振り返ってみようかと。
家にいる時間も増えたし。

2016年は夏ドラマ「ON」のロケ地巡りを楽しんでいました。
googleマップでいい写真が取れなければ現地に行って。
その結果は、上の記事以降、Twitterで呟いていたんですが、
Twitterのログを残すこともしていないので、結局流れてしまい、
ロケ地巡りこそは、記事に残しておくべきだったと後悔しています。

mixiに残してあった参戦歴によれば、エンタメ履歴はこんな感じ。

●斗真の「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~」
2016.8.27(土)昼 赤坂ACTシアター

●リサイタル
2016.8.13(土) さいたまスーパーアリーナ
2016.9.28(水)昼 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

●「疾風ロンド」完成披露試写会
2016.10.13(木) ユナイテッド・シネマ豊洲

●「疾風ロンド」初日舞台挨拶
2016.11.26(土) 丸の内TOEI1 →友人に譲り、ライブビューイング鑑賞。

●「破門 ふたりのヤクビョーガミ」完成披露試写会
2016.12.13(火) 丸の内ピカデリー1
 (気合で映画雑誌買いまくったので3枠当選し、横山担友人が沢山行けて良かった。) 

●関ジャニ’S エイターテイメント
東京ドーム4days。360度ステージだった(よね?)。

エイトがライブ内容を模索していた時期だったのかな?と今になって思う。
地元の東京は全日入るのが当然だと思っていて、53歳の私には、その気力も体力も残っていた。
55歳から半減する年収に備えることもせず、
「今」を楽しんでいた愚かな時代だった。

2017年編に続きます。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

3月~のメディア露出情報覚書

3月以降のメディアへの露出情報です。

TV、ラジオのレギュラー番組は省きます。
雑誌も、週刊TV誌は、トピックスのあるとき、発売日が異なるときのみ。

番組名もしくは雑誌名を書きますが、
TV番組は、基本的には関東基準で書いていますので、ご了承ください。

●雑誌等発売 
2/27(水) BEST STAGE(安)、STAGE navi (安)、ステージスクエア(安)、TVガイドAlpha EPISODE S(安)
3/5(火) 音楽と人(∞表紙)
3/6(水) an・an(倉)
3/29(金) デイリーコラム(横)

●TV/ラジオ
3/3(日) ザ!鉄腕!DASH!!(村)
3/9(土) 情熱の鼓動(村)
3/23(土) 月曜から夜ふかし特別編(村)
3/27(水) コレ知らんかった~!新発見!村上信五の平成スポーツ命場面SP(村)

●CD/DVD等発売 
3/6(水)「crystal」CD発売
3/6(水) ジャニショ新写真「crystal」オフショット、海外オフショ(丸)発売
4/24(水)「累-かさね-」BD/DVD発売

●ライブ/舞台/映画など
3/29(金)「少年たち」公開(横)
4/13(土)~4/21(日)「僕らAぇ! groupって言いますねん」開幕(企画・演出:横山裕)
2020年「窮鼠はチーズの夢を見る」公開(倉)

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

りく&くまこ

Author:りく&くまこ
2009年から夫婦でeighterになりました。
結婚26年間近の熟年夫婦です。

ヨコを心から愛するツマ(歌姫すばる、ヨコヒナの関係性が好き。色んな組み合わせに萌える。全員好き。)と、バンド&サウンド命のオットで∞に関わることを発信してゆきたいと思います。

ロケ地特定&巡りが大好きですが、段々暇と体力がなくなってきている50代。



☆ブログランキングに参加しております。
ポチッとして頂けますと大変嬉しゅうございます^^
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/i327svio93xj
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR